宮城県から消費者市民社会をテーマにした講座依頼を受け実施しました

宮城県から相談員対象の研修会と消費生活サポーター養成の講座の講師依頼を受け、「消費者市民社会」をテーマに実施しました。
研修会では相談員が一般市民に講義することを前提に、また、養成講座では「消費者市民社会」とは言葉は難しいが、思いやりを持って日常生活を送ることであると事例を多用し講義を進めました。

1.消費生活相談員研修会
 ・開催日/2018年9月6日
 ・場所/東北自治総合研修センター
2.消費生活サポーター養成講座
 ・開催日/2018年9月25日、27日28日
 ・場所/25日大崎合同庁舎、27日自治会館、28日登米合同庁舎


以上

消費者市民ネットとうほく主催の講演会が開催されます(案内)

投資被害のスペシャリスト荒井弁護士による仮想通貨、FX取引などの特徴、手口、そして規制の動向や相談事例を踏まえた今後の課題についての講演です。
テーマは「最近の利殖商法被害の現状と課題」について。

・日時/2018年10月19日(金)18:00~20:00
・場所/仙台弁護士会館4階ホール
・参加費/無料
・申込方法/10月17日(水)までに講演会案内チラシ裏面に、必要事項記載の上申込む

【消費者市民ネットとうほくのHPに詳細が掲載されています】